大人のすることか恥ずかしい、審議拒否

自分たちの主張が通らぬと、野党の皆さんが審議拒否を言い出しました。子供が見ていますよ。自分の欲しいものを買ってくれないなら、お父さんやお母さんと口を利かなければいいのか、なるほど!

黒服で#MeTooプラカードを持つ異様な野党の女性国会議員の皆さん、ご苦労様です。おや?中には、男性もいらっしゃいます。#MeTooさんが泣いています、乱用するなよってね。

これまで何回もありましたね、このパターン。最後は、審議時間が足りないとか、十分審議されていないとか、自分たちの審議拒否を忘れたかのように振る舞うあのスタイルです。

 

dancelip.com

 

オールブラックのセクハラ騒動(昨日の続き)

セクハラされたと訴えたテレビ朝日の女性記者を、似非正義ぶって擁護するコメントが圧倒的に多いのには驚いてしまう。自分に危機が迫るならその危機から遠ざかろうとするのが本能だと思うが、この女性記者はなぜそれでも一年半の間に、何度もかねてよりセクハラ疑惑のあった官僚と二人きりで会おうとしたのか。

一部にはハニートラップを指摘する人もいるが、この女性の行動はなんとも理解しがたい。テレビ朝日の体質なのか、この女性記者のマスコミ魂なのか分からないが、自分の妻や恋人がこの女性の立場なら、お前は馬鹿かと怒鳴りつけたくなる。危険なことはするな、危険な場所に近づくな、心配させるな、大人ならそんなことを言われなくても分かりそうなものだけどね。

女性専用車両が接続されている電車があり、その車両が空いているにも関わらず、敢えて男どもが一杯の一般車両に乗って、痴漢行為を待つ構図に見える。自分の身を呈しても、社会の悪と戦う私って素敵! 漫画の世界か。

まあそれでも、テレビ朝日が見て見ぬふりをし、同じ記者仲間が見て見ぬふりをしていたなら、俗にいう両方共ブラックだ。そのマスコミのブラックなことについて何ら報道しない他のマスコミもブラックだし、この女性記者の行動について一部を端折って、つまみ食いする報道の仕方もブラックだし、一方的に正義感ぶってコメントする議員やコメンテェーターたちもブラックだし、それを真に受けて、日頃は真実を真実をとやかましい国民が、一方的にしかものを見ないのもまたブラックで、ここまで来ればもはや日本はオールブラックスの様相だ。あれっ! どこかで耳にしたような気がする。

 

NZ オールプラックス 伝統の舞 「ハカ」

JP オールプラックス 伝統の舞 「バカ」 

 

 

脇が甘すぎるバカな男たち

セクハラする奴は最低なわけだけど、かねてよりセクハラ疑惑のあった官僚と1対1で飲食をしながら取材した女性記者に、その過程でのセクハラをばっちり録音までされていたバカな男がいる。

それを嬉々として(!)上司に報告した女性記者だったが、あえなく却下され、それならと他社にタレこんだ。何かおとり捜査で手柄を立てたみたいで、やることがえげつないのだが、そもそも、この官僚の甘さが何とも情けない。

世の中には、人の足を引っ張りたくて、うずうずしている輩が一杯いる。それに気が付かない奴は馬鹿だ。

そういえば、自民党の中にも、真面目くさってこの件についてコメントしている議員たちがいるが、顔ぶれを見ると、次の総裁候補に名を連ねている人たちばかりだ。まあ、 それなりに自分のことは用心しているとは思うがね。 明日は我が身だよ。

 

本日、dancelip.comを更新しました。

dancelip.com

 

森・加計なんぞのことより公文書漏洩の方が怖い

何かそこらじゅうから公文書(一部にはメモらしきものもある)が漏洩してるわけだが、こうなると公の機関の中にスパイみたいな輩がわんさかいるようで、まあそれが単に

うっぷん晴らしなのか、それとも政権転覆目的なのか分からないが、日頃はプライバシーがどうのこうのと言っている国民が、これについて何とも思っていない不思議さ。

 

マスコミも情報入手先を明記してくれよ。アンポンタンの野党は「〇〇の記事によりますと」なんて、責任転嫁だし、何か出処がうやむやなもので、国会をグダグダにして遊んでいるようで、平和な日本なんだなあと、今日も思ってしまうのでしたとさ。

 

 

本日、dancelip.comを更新しました。

dancelip.com

レスポンシブウエブデザインにしてみて分かったこと

このブログでも前に書いていますが、自サイトが「モバイルフレンドリーでない」とグーグルさんに指摘されましたので、自サイトのレスポンシブウエブデザイン化を進めていましたが、追加予定の一頁を残し修正し終えたので、先ずは、ほっ!といったところです。

 

ここに来て思えば、そもそも、私のサイトを見に来る人は限りなく0人であるにも関わらず、グーグルに即反応してしまった愚かさ、しかもそのために、何がしかのお金を支出するに至ってしまったことは何とも情けない。(※お金というのは、このはてなブログでいえば、はてなという文字を見えなくする費用みたいなもの)

 

唯一、分かったことは、スマホにも色々なサイズがあるということ。まあ当たり前なのですが、何しろスマホを持っていませんから、レスポンシブにしてスマホでどのように見えるのだろうかと知りたくなり、色々調べる過程でこのことが分かったというところです。

 

話は飛びますが、過日、米国で、浴室内でスマホを充電していて感電死というのがネットのニュースにありました。スマホがどれだけ進歩しているのか知りませんが、文明の進歩が全てにおいて万全ではないということを思い知らされました。

 

話を更に飛ばせると、最近、自動車の衝突回避機能がよく話題になっています。これなんかも、自動制動が掛かったのはいいが、これはいわば急停車と同じで、後ろの車が衝突回避機能を持たない車であった場合、追突の危険度が増すのではないか、と思ったりします。

 

ということで、グーグルさんの有難いご指摘(?)から、盛夏の中、腐った脳で次々と連想を膨らませ楽しんでいるのでした。

 

 

 

 

おいババァ! いつくたばってもいいんだぜ

平成8年8月13日生まれのチャアは、人間の齢でいえば約100歳超のババァ猫である。

歯槽膿漏白内障持ちだが、食欲はあり、腎不全の症状も見せていない。さすがに一つひとつの動きは緩慢で、時折、寂しいのか泣き続けることがある。

 

今冬は越せるか、今夏は越せるか、ここ二、三年はそういう気持ちでチャアと向き合って来た。 

f:id:paris_ism:20170628094811j:plain

 

「おいババァ! いつくたばってもいいんだぜ」

と、言うと、

「お前もなジジィ」

と、返された。

無料にもいろいろありまして

『あなたの自由にして下さい。滅茶苦茶にいたぶって貰ってもかまいません。顔形が変形するほどになっても文句はいいません』

 

なんて言われて、その気になった結果が、私のサイトのダンスリップドットコムなのですが、これもその無料HTMLさんがあったからこそで、感謝しております。

 

さて、このブログの第一回目の記事にも書きましたように、レスポンシブウエブデザインに苦しんでおります。そこで、レスポンシブ対応の無料のHTMLを探しているわけですが、今はそのいくつかの候補の中から一つに絞っている段階です。

 

そもそも、こういった技量は持たない爺ですので、取り組みやすさというより、何か良さげに見える、といった感覚的なもので決めてしまうところが大ですから、相当苦しむのではなかろうかと思います。

 

これ等は一応無料となっていますが、正確にはお約束である条件付き無料ということで、このプレートのデザインをしたのはオイラだ、の表示を外すことは出来ない決まりになっています。もし外したければ、お金を支払いなさい、ということで、まあ当然といえば当然なことでして、金額次第でお支払いをし、消えて頂こうと思っています。