都議選の結果に一番喜んでいるのは安倍首相だったりして!

巷では、自民党の歴史的敗北とか惨敗とかで盛り上がっているのですが、安倍首相は内心ニタリとしているのではないでしょうか。

 

これまでの都連はあのドンの力が大きく、都選出の国会議員さえも手玉に取られていたのですからね。まさに自民党本部からすれば治外法権を持っていたかのような都議会自民党を何とかしたいというのが本音だったでしょう。

 

そのきっかけとなったのが小池さんだったのですが、安倍さんにして見れば、もしかしてこの機会を活かせるのではと考えてもおかしくはない。都議選に敗北しても、即政権交代というわけではない。ならば、肉を切らせて骨を断つ覚悟だったかも知れません。

ましてや選挙は都民が行うもので、実際に手を下したのは都民という構図になる。

 

後は、小池さんとの折り合いだけです。安倍さんは陰ではもう動いているかも知れませんね。