「違和感がある」がニュースになる面白い国

まあ、どのような発言しようがご自由なのですが、一部のタレントなどが、政治問題に絡めて、「違和感がある」と話されているわけで、それをマスコミが、ニュースタイトルにしています。

 

足の付け根に違和感がとか、首筋に違和感がとか、スポーツ選手がよく口にするのですが、それは箇所を指定していますから、ある程度の理解出来るものですけど、社会の風みたいなものに違和感を覚えるとなると、何でもに違和感が生じることになるわけで、最近は、この違和感を言うことがトレンドのようになっています。

 

私なんぞは、「違和感がある」という人に「違和感がある」わけで、それを取り上げるマスコミにも「違和感がある」わけで、今の日本は、違和感だらけの面白い国になりつつあるようです。